Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さんま寿司 地物

 何故さんま寿司が家庭料理であったのか

 と言うか、

 何故さんまが、普通のお寿司屋さんに無かったのか
 {今でもほとんど置いてないけれど}

 地物さんまを仕込み始めると、1つの答えが見つかります。
 
 腹骨を取り除くのが大変な手間なのです。
 
 しかし、この手間こそが重要なのです。



 いよいよ地物さんま姿寿司発売です。

 
 
スポンサーサイト

 よっちん様のコメントにもありましたが、

 創業時には、昆布巻き、海苔巻き、いなり寿司
 豆鯵、鯖ひっつけ寿司{わさびではなく、洋からし}
 鰯 等等

 玉子巻き、さんま寿司は有りませんでした。

 どうしてなかったのか?

 さんまは大変手間のかかる食材です。

 当時、さんま寿司は、各家々で作られる完全なる

 家庭料理であったと云うことなのです。
 

 つづく
 
 

地物さんま挙り出しました。

 地物さんまぼちぼち獲れ出しました。
 
 昭和25年創業の当店ですが、なんと創業時にはさんま寿司は
 メニュウになかったようです。
 
 なぜ?
 
 今日はボジョレーで飲みすぎてしまいました。」つづく

松本峠

20071108170356
新宮料理飲食組合の運動会

Extra

カウンタ

プロフィール

さんま寿司で熊野をリードする徐福寿司

さんま寿司で熊野をリードする徐福寿司
世界遺産熊野にお越しの際は、是非お立ち寄りください。
和歌山県新宮市新宮7050
電話0735-23-1313(徐福寿司駅前店)
ホームページはこちら


最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。